刺青除去の方法について

バナー

刺青除去の方法について

軽い気持ちで若い頃にタトゥーを入れて、後で困って頭を抱えている人は多いです。

タトゥーは、刺青のことを指しますが、刺青は消すことが難しいのです。



ただ、昔に比べると、刺青除去の方法は増え、専門クリニックで医師による治療を受ければ、きれいに刺青を除去できるケースも多いです。



刺青除去は、レーザーや皮膚移植、切除法など、刺青の状態をチェックしてから除去方法を決めます。

刺青除去を希望する人の中には、働いている人も多いので、短時間で施術が終わり、痛みもほとんどないレーザー治療は人気があります。

ただ、刺青の症状によっては、レーザーを使うことができないケースもあるので、その場合は、他の選択をすることになります。切除法は、刺青が入った皮膚を切除する方法で、完全に刺青を取り除くことも可能です。

ただ、刺青が入っている場所によっては、切除が難しいこともあります。



カウンセリングで診察すれば、切除法が可能かどうかが判明するので、切除法を希望する人は、カウンセリングで相談するといいです。

広範囲に刺青を入れている人の刺青除去方法には、皮膚移植があります。


皮膚移植は、お尻などの目立たない部分の皮膚を採取して、刺青を入れていた部分の皮膚に移植します。
薄く皮を取るので、早い人であれば、1週間ほどで治癒が可能です。遅い人でも、2週間あれば、皮膚が再生してきます。
体の広範囲に刺青を入れていて、早く除去する必要がある人は、皮膚移植を選択することが多いです。